【LINE(ライン)証券とは】格安手数料でポイントも使える【メリット・デメリットを徹底解説】

LINE証券徹底解説

みなさんどーも ウホウホ!

ゴリゴリTVブログオスゴリ@gorigoriTV_)です!!

 

  • 「LINE(ライン)証券ってどんなネット証券?」
  • 「LINE(ライン)証券の手数料は?」
  • 「LINE(ライン)証券のメリット・デメリットは?」

こんな悩みを、解決します
 

LINE(ライン)証券は、結論から言うと手数料が業界最安水準で、非常に使いやすい投資初心者におすすめの証券会社
 

通常、日本株は100株(単元株)からの購入となり、多くの投資資金が必要になってしまいます
 

ですが、LINE(ライン)証券は1株(単元未満株)から日本株が購入可能
 

無料で口座開設(口座開設、維持手数料無料)でき、投資資金が少額でも分散投資でリスクを軽減できますし、資金が少ない時の投資の練習には最適の証券会社
 

以下では、LINE(ライン)証券の手数料含め、メリット・デメリットを徹底解説していきます
 

 

記事の内容

  • LINE(ライン)証券株式会社とは
  • LINE(ライン)証券のキャンペーン
  • LINE(ライン)証券の手数料
  • LINE(ライン)証券のデメリット
  • LINE(ライン)証券のメリット
  • 口座開設方法や取引方法

 

 

LINE(ライン)証券株式会社とは

LINE証券株式会社とは

社名LINE証券株式会社
設立2018年6月1日
所在地東京都品川区西品川一丁目1番1号

LINE(ライン)証券は、誰もが知るLINE(ライン)のグループ会社で、LINE Financial株式会社と野村ホールディングスが共同設立した証券会社
 

また、非常に使いやすく手数料も業界最安水準なので、投資初心者でも簡単に株の売買が可能
 

投資資金も多く上級者には向きませんが、資金が少なく投資初心者には非常におすすめの証券会社です
 

 

LINE(ライン)証券のキャンペーン

キャンペーン

LINE(ライン)証券では現在、期間限定キャンペーンを行っています

キャンペーン内容

無料で口座を開設して簡単なクイズ2問に答えるだけで、最高3株分の購入代金が貰える

1問正解したら2株、2問正解で3株分の購入代金が貰えます

キャンペーンの参加方法

  1. LINE証券 の口座開設【最短3分!】
  2. LINEメッセージまたはハガキの口座開設通知からログイン
  3. クイズに答える
  4. 正解数に応じて株の購入代金GET!

キャンペーンの対象銘柄は、口座開設してから選べます
 

また、友達招待でLINEポイントが10ポイント貰え、招待人数が多い上位50名に現金1万円プレゼントキャンペーンもしています
 

期間限定キャンペーンなので、無料で口座開設できるので、終わる前にお早めに
 

無料で口座開設でき、株のお金も貰え、現金1万円のチャンスまであるので、デメリットがありませんね
 

 

LINE(ライン)証券の手数料や取扱銘柄

LINE(ライン)証券の手数料や取扱銘柄

  • 手数料
  • 取扱銘柄

の2つの詳細を順に解説していきます
 

LINE(ライン)証券の手数料

LINE(ライン)証券は取引手数料無料ですが、スプレットと呼ばれる取引コストが発生します
 

スプレットとは

スプレットとは、売値と買値の差のことをいいます

簡単に言えば、本当は500円の株を501円で買ってもらい、差額の1円を手数料として貰うといった感じです
 

取引時間取引コスト(スプレッド)
日中取引(9:00~14:50)
※11:20~11:30と
12:20~12:30除く
0.05%
夜間取引(17:00~21:00)0.5%

 

正直に答えると、夜間取引のコスト0.5%は普通ですが、日中取引コストの0.05%は格安
 

日本株が1株から購入できる証券会社の中で、取引コスト0.05%と業界最安水準でリアルタイム注文ができるのは大きな魅力
 

LINE(ライン)証券の取扱銘柄

国内株式約300銘柄
国内ETF(上場投資信託)約15銘柄

 

LINE(ライン)証券の取扱銘柄は、他の証券会社に比べ少ないので、よっぽどつうな株が欲しい方には向きません
 

ですが、有名どころは揃っているので、普通に購入する分には困りません
 

確認したいという方は、「LINE(ライン)証券の取扱銘柄一覧」で確認できます
 

 

LINE(ライン)証券のデメリット

デメリット

LINE(ライン)証券のデメリットは以下の3つです

  • 投資商品が少ない
  • NISAやiDeCoなどの制度がない
  • 銀行口座への出金手数料がかかる

順に解説していきます
 

投資商品が少ない

上記で取扱銘柄を解説したとおり、LINE(ライン)証券は他の証券会社に比べて投資商品が少ないです
 

なので資金が少ない投資初心者には最適ですが、投資上級者には向いていません
 

他の証券会社をメインで使いつつ、日本株の小額投資にLINE(ライン)証券を使うサブ的な使い方もおすすめです
 

NISAやiDeCoなどの制度がない

LINE(ライン)証券には、「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」といった非課税制度はありません
 

また、信用取引もできないので、資金が少ない中で大きな利益を狙うのは難しいです
 

ですが、LINE(ライン)証券が確定申告をしてくれ、自分で確定申告しなくてもいい特定口座はあります
 

銀行口座への出金手数料がかかる

LINE(ライン)証券の出金手数料は以下のとおりです

LINE Payへの出金無料
銀行口座への振込み220円(税込み)

LINE Payへ出金して、そのまま買い物するならいいのですが、銀行への出金には220円(税込み)の手数料がかかります
 

また、LINE(ライン)証券への入金は、銀行振り込みだと振込手数料がかかってしまうので、手数料が無料のLINE Payを使いましょう
 

 

LINE(ライン)証券のメリット

メリット

LINE(ライン)証券のメリットは以下の9つです

  • 1株から購入できる
  • 手数料が格安
  • 平日夜21時まで取引できる
  • 即時注文・約定ができる
  • 口座開設も手間なし
  • アプリが簡単で使いやすい
  • いきなりタイムセールがある
  • LINE Payとの相性が抜群
  • LINEポイントが使える

順に解説してきます
 

1株から購入できる

LINE(ライン)証券は、1株(単元未満株)から日本株の購入が可能
 

通常、日本株は100株(単元株数)からの購入なので、小額から購入でき、分散投資できるのは大きなメリット
 

500円程で購入できる株も多く、コンビニで買い物感覚で投資できるのは嬉しいですね
 

手数料が格安

LINE(ライン)証券は、取引コストがスプレットと少しわかりずらいですが、業界最安水準の手数料な事は間違いありません
 

夜間取引の取引コストは0.5%と他の証券会社と変わりありませんが、日中取引の取引コストの0.05%は格安!
 

平日夜21時まで取引できる

LINE(ライン)証券は、夜間取引(17:00~21:00)が可能
 

なので、あなたに合った時間で、株の取り引きができます
 

仕事が忙しい方などには、嬉しいですね
 

即時注文・約定ができる

1株(単元未満)から購入できる証券会社は、ほとんどが成行注文となります
 

LINE(ライン)証券は、リアルタイムで取引でき、即時注文・約定が可能
 

口座開設も手間なし

LINE(ライン)証券は、口座開設も最短3分で可能
 

投資初心者にもわかりやすいので助かりますね
 

アプリが簡単で使いやすい

証券会社によっては、扱っている投資商品が多く、画面がややこしくて使いずらいデメリットがあります
 

ですが、LINE(ライン)証券のアプリは非常に簡単で使いやすいのが特徴
 

簡単に株の売買ができます
 

いきなりタイムセールがある

LINE(ライン)証券には、不定期にいきなりタイムセールというキャンペーンを行っており、株が〇%OFFと割引価格でお得に購入できたりします
 

株のバーゲンセールみたいで面白いキャンペーンですね
 

LINE Payとの相性が抜群

LINE(ライン)証券とLINE Payとの相性は抜群で、LINE Pay残高からの入出金が可能
 

LINE(ライン)証券の口座開設をするなら、無料なのでLINE Payの使用がおすすめ
 

LINEポイントが使える

LINE(ライン)証券は、LINEポイントで株の購入が可能
 

お金を使わず、貯まったLINEポイントだけで投資もできます
 

LINEポイントを資産運用して、有効活用しましょう
 

 

LINE(ライン)証券の口座開設方法

口座開設方法

LINE(ライン)証券の口座開設は以下の4ステップ

  • 口座開設申込をクリック
  • 本人情報をを入力
  • 本人確認書類を登録
  • 手続き完了

順に解説していきます
 

口座開設申込をクリック

口座開設方法

LINE証券 の公式ページで「口座開設申込」をクリック
 

※PCの場合は、QRコードをスマホで読み取ると公式ページに行けます
 

確定申告の有無

確定申告なしの場合(LINE(ライン)証券に任せる)は特定口座(源泉徴収あり)を選びましょう

自分で確定申告する場合は、源泉徴収なし口座を選びましょう

特定口座を選ぶ方がおすすめです
 

本人情報をを入力

本人情報をを入力

次に、口座開設の為に必要な本人情報を入力していきます
 

本人確認書類を登録

本人確認書類を登録

次に、本人確認書類をアップロードしていきます
 

手続き完了

申込が完了したら、4営業日ほどでハガキが届くので、QRコードを読み取りアクセスします
 

上記のハガキについては、簡単本人確認の場合は不要です
 

 

LINE(ライン)証券まとめ

タイトル

ここまで、LINE(ライン)証券の詳細を紹介してきました
 

LINE(ライン)証券は、手数料が業界最安水準で、1株(単元未満株)から日本株が購入できるおすすめの証券会社です
 

非常に使いやすく、口座開設、維持手数料無料なので投資初心者の練習には最適
 

LINE(ライン)証券は、非常にメリットの多い証券会社です
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました