【楽天証券】【楽天銀行】【楽天カード】を一緒に使うと超お得【徹底解説】

タイトル




みなさんどーも ウホウホ!

ゴリゴリTVブログオスゴリ@gorigoriTV_)です!!

  • 「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」を、お得に使いたい
  • 一緒に使うと何がお得なの?
  • 「マネーブリッジ」や「ハッピープログラム」って何?

こんな疑問を解決していきます
 

「楽天証券」の口座をもっている方、もしくはこれから持つという方
 

「楽天銀行」と「楽天カード」をもっていますか?

持っていないあなたは、3つとも無料で持てるのに、非常にもったいないですし、損をしています
 

また、持っているのに「マネーブリッジ」や、「ハッピープログラム」にエントリーしていますか?

楽天カードで、投資信託を積み立てていますか?

していないあなたは、非常にもったいないです
 

「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」の全部が、無料で持てます

以下では、「楽天証券」「楽天銀行 」「楽天カード 」を、お得に使う方法を紹介していきます

 

記事の内容

  • 楽天銀行との併用でお得①「マネーブリッジ」
  • 楽天銀行との併用でお得②「ハッピープログラム」
  • 楽天クレジットカードで積立できる
  • 「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」まとめ

 

 

楽天銀行との併用でお得①「マネーブリッジ」

マネーブリッジ

「楽天証券」と「楽天銀行」は、同じ楽天だけあって相性が抜群です
 

「楽天証券」と「楽天銀行」を結びつけることを、「マネーブリッジ」といいます

「マネーブリッジ」をすることによって、「楽天証券」と「楽天銀行」の自動入出金(スイープ)が使えるようになり、お金の移動がスムーズになります
 

「楽天証券」にお金を入れておかなくても、「楽天銀行」の預金で、日本株や投資信託の購入などができます

外国株などは、一度「楽天証券」の口座に、必要分のお金を入れておかなければいけません
 

「楽天証券」の口座のお金は、自動的に楽天銀行に戻る機能もあるので、口座の管理やめんどくさいお金の移動が、最小限に抑えられます
 

また、「マネーブリッジ」をすることで、「楽天銀行」の金利が年0.1%になります

これは、都市銀行や一般銀行の、普通預金の金利の約100倍にもなります

この金利が高い銀行に、自動でお金が戻るのはとても便利です
 

以下では、「楽天銀行」のメリット、デメリットを解説しているので、参考にしてみてください
 

>>「【楽天銀行】最強ネット銀行を解説」

 

 

 

楽天銀行との併用でお得②「ハッピープログラム」

ハッピープログラム

上記で説明した、「マネーブリッジ」をして、「楽天銀行」で「ハッピープログラム」にエントリーをすると、楽天証券での取引で楽天ポイントがたまります
 

楽天ポイントが獲得できる、取引やポイント数は以下のとおりです

対象取引獲得ポイント
国内株式
(現物買、現物売り)
手数料100円ごとに
1ポイント
国内株式
(信用新規、返済)
手数料100円ごとに
1ポイント
外国株式手数料100円ごとに
1ポイント
投資信託残金10万円ごとに
4ポイント
個人向け国債買付け金額3万円ごとに
1ポイント
楽天FX10万通貨ごとに
1ポイント
日経225先物取引
(ラージ)
手数料100円ごとに
1ポイント
日経225先物取引
(ミニ)
手数料100円ごとに
1ポイント
日経225オプション手数料100円ごとに
1ポイント

 

楽天ポイントは、貯めるだけでなく、1ポイント1円で使用することもできます

ですが、期間固定ポイントは使用できません
 

楽天ポイントは、投資信託の積立や買付け、国内株式の購入で使用できます
 

また、投資信託の積立や、買付けの500円以上の購入に対し、1ポイント以上のポイントを利用すると、楽天市場での買い物で、受け取れるポイントが1倍アップします
 

なので、「楽天証券」の口座を開設する時は、「楽天銀行」の口座開設も一緒にするとお得です

「楽天銀行」も「楽天証券」も、無料で口座開設できるので、一緒に開設し、「マネーブリッジ」と「ハッピープログラム」をしましょう
 

 

 

楽天カードで積立できる

楽天カードで積立できる

「楽天証券」は、「楽天カード」とも相性が抜群です
 

投資信託を一度設定すると、自動で毎月、投資信託の積立をしてくれます

その積立投資に、「楽天カード」が使用できます
 

「楽天カード」で、クレジットカード積立投資の、毎月の積立上限は5万円となります

毎月、上限いっぱいにクレジットカードで積み立てると、「楽天カード」では、100円で1ポイントの還元率なので、毎月500ポイントの楽天ポイントがもらえます
 

もちろん、楽天カードで貯めた、楽天ポイントは、また投資信託や国内株式も購入もできます

楽天ポイント投資では、毎月の使用ポイントの設定もでき、使いたいポイント数だけ使う事ができます
 

これらを一度設定してしまうと、自動で毎月積み立ててくれるので、ほったらかしで投資ができます

私も、毎月「楽天カード」で、5万円分の投資信託を自動で積み立てています

おかげで、楽天ポイントがザクザク貯まり、貯まったポイントで投資をしています
 

「楽天カード」も、無料でつくれるので、一緒につくっておきましょう
 

 

 

「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」まとめ

「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」まとめ

ここまで、「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」の、相性が抜群という解説をしてきました

相性が抜群なのが、分かっていただいたと思います
 

最初は、口座開設や、設定が少しめんどくさいかもしれませんが、一度してしまうと、ほったらかしでオッケーです
 

楽天ポイントも貯められ、そのポイントで投資ができ、「楽天銀行」の金利も0.1%と、かなり高くなり、お得だらけです

「楽天証券」「楽天銀行」「楽天カード」の全て、無料でつくれるので、つくっておいてデメリットがありません
 

「楽天銀行」はメインの銀行として使えますし、「楽天カード」もメインのクレジットカードとして使えます

個々でも非常に優秀で、一緒に使うと、更に優秀になります

私も、全てもっており、どれも非常に便利で、楽天ポイントもザクザクたまっています
 

その、貯まった楽天ポイントで、投資信託を購入しています

楽天証券」「楽天銀行 」「楽天カード 」を、全てつくって、連帯を検討してみてはいかがでしょうか
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました