【株式会社とは】仕組みを誰でもわかるように簡単に解説

株式会社とは簡単に解説




みなさんどーも ウホウホ!

ゴリゴリTVブログオスゴリ@gorigoriTV_)です!!

 

  • 「株式会社って何?」
  • 「株式会社の仕組みをしりたい」

こんな悩みを、解決します
 

株式会社は、数多く存在し、株式会社に勤めている方も、多くいらっしゃいます

ですが、株式会社の仕組みを聞かれると、答えられない人も多くいます
 

働いている会社が、株式会社だったり、株に投資していたりする方は、株式会社について知ることで、より理解が深められます
 

以下で、株式会社とは何かについて、解説していきます
 

記事の内容

  • 株式会社とは
  • 株式会社の経営と権利
  • 株式会社をつくる
  • 株式会社まとめ

 




 

 

株式会社とは

株式会社とは

現在の、多くの企業の形態は、株式会社です
 

まず初めに、株式会社とは何か、解説していきます

株式会社とは、株式を発行して、会社の資金を出資してもらい、資金を集めて事業を行う会社のこと

以下で、細かく解説していきます
 

株式とは

投資などでよく、株を買って保有しているなどと聞きます

株式とは、企業のオーナーになる権利です
 

企業の株を保有することで、その企業のオーナーになれ、権利の強さは、持ち株比率によってきまります

法律上でも、株式会社は社長のものではなく、株を保有している株主のものとなっています
 

以下で、株について解説しているので、参考にしてみてください
 

>>「【株とは】初心者必見!株の仕組みを優しく解説」

 

株式会社に出資とは

上記で、「株式を発行して出資してもらう」とありますが、出資とは何か解説していきます
 

出資とは、企業に事業資金を援助する代わりに、企業のオーナーとなる権利の株を貰うことができます
 

企業は、出資の他に、お金を借りて事業をする場合もありますが、違いは以下のとおりです

  • 出資=返済の義務がない
  • お金を借りる=返済の義務がある

銀行などから、お金を借りると、もちろん借りたお金は返さなくてはいけません

ですが、出資したお金には、返済の義務がなく、返さなくてもいいお金となります

その代わりに、オーナーの権利(株)を貰う事ができます
 

株を買うという事は、企業に出資したことになるという事です
 

株式会社の上場とは

よく、一部上場企業など、上場という言葉を聞きます

株式会社の上場とは、何か解説していきます
 

上場とは、簡単に言うと、証券取引所で、株式を売買できることをいいます

なので、上場企業とは、証券取引所で株式が売買されている企業です
 

証券取引所にも、「東証一部」や「東証二部」などの種類があり、上場するには審査が必要となります
 

株式会社の経営と権利

株式会社の経営と権利

株式会社の株を買うと、オーナーになれると言いました

ですが、当たり前ですが、1株でも買えば、好き勝手にできるという事ではありません

以下で、詳しく解説していきます

権利の強さは持ち株比率で決まる

上記でも解説しましたが、権利の強さは、持ち株の保有率で決まります

株式会社では、この持ち株比率に応じて、いろいろな権利が発生します
 

株式会社の、51%以上の株を保有していると、企業の誰よりも権利を持っているという事になり、実質的な支配者になります

株式を、100%保有していると、完全にその企業は、保有している人のものとなります
 

こういったように、株の持っている比率で、企業の権利やできる事が決まっており、買収などで51%以上の株を買うのはその為です
 

株主総会

株主総会とは、株式会社の最高意思決定機関で、株主で会社の重要なことを決定します

基本的に、多数決で重要事項を決定しますが、1人1票ではなく、株の保有している数で決まります
 

例えば、Aさんが100株、Bさんが1株保有していた場合

Aさんは、Bさん100人分の票を持っているという事になります

なので、多数決でBさんが反対しても、Aさんが賛成したら通ってしまうという事です
 

この様に、多数決と言っても、持ち株比率で決まってしまいます
 

株式会社を解散したら

もし、株式会社を解散した場合、会社の財産は、社長のものではなく、株主のものとなります

株主は何もしていなくて、社長が頑張って、企業を大きくしたから欲しいといっても、企業は株主のものなので、財産は株主のものとなります
 

この財産の分配も、持ち株比率に応じて分配されます

よって、多くの株をもっている人が、多くの財産を得ることができます
 

上記で、何度も解説していますが、株はオーナーになる権利ですが、権利の強さは、株をどれだけ持っているかの、持ち株比率で決まります
 




 

株式会社をつくる

株式会社をつくる

株式会社をつくって、社長になると聞けば、「私には無理」と思うかもしれません

ですが、手続きに25万円程いりますが、会社をつくることができます
 

以下で、簡単にですが、解説していきます
 

株式会社をつくるには手続きが必要

株式会社の設立には、様々な手続きが必要になります

この手続きは大変で、何も知らない方が作ろうと思うと、かなりの時間を失ってしまいます
 

なので、株式会社の設立を、代行や手助けしてくれるところもあるので、これを利用してみるのも一つの手です

また、助成金や、補助金などもチェックしておきましょう
 

資本金1円でもつくれる

平成18年に法律が改正され、資本金が1円から、会社を作れるようになりました

ですが、業種などにもよりますが、1円の資本金で、会社を設立するのはおすすめできません
 

あくまでも、会社の設立のハードルを下げる為なので、開業準備や、初期費用などを考慮して決めましょう
 

少額からでも作ることが出来る

株式会社は、出資してもらう事によって、自己資金が無くても、小額から作ることができます

あなた自身が、出資しなくても、あなたのアイデアに賛同してくれる、出資者がいれば、資金を調達できます
 

ハードルは高いかもしれませんが、アイデアがある方は、出資者を募って、株式会社を立ち上げるのも一つの手です
 

「クラウドファンディング」などを使えば、ネットでも出資者を募ることができます

インターネットの普及によって、昔にくらべて、出資者を見つけやすくなっています
 

株式会社まとめ

株式会社まとめ

ここまで、株式会社について、解説してきました
 

簡単にまとめると、以下のとおりです

  • 株は企業のオーナーになる権利
  • 株式会社は株主のもの
  • 持ち株比率で権利の強さが決まる

この3つは、覚えておいてください
 

株を買ったり、起業して株を保有すれば、その企業のオーナーになれます

今では、株は簡単に買え、起業するよりはるかに、手間がかからないので、株を買って、オーナーの1人になってみてはいかがでしょうか
 

株を保有することによって、配当や株主優待などを受けることもできます
 

日本株は、100株からの購入など(単元株)となっている証券会社がおおくあり、投資初心者にはハードルが高いです

ですが、1株(S株)からの購入できるところもあります
 

1株が500円以下の、ワンコインで買える、有名な企業もたくさんあります

少額で、日本株に投資するなら、1株から購入でき、Tポイントを使って購入もできる、「SBIネオモバイル証券」がおすすめです

Tポイントの有効活用もでき、小額なので、初心者の練習にもなる証券会社です
 

以下で、「SBIネオモバイル証券」について解説しているので、参考にしてみてください
 

>>「【SBIネオモバイル証券】日本株に少額投資ならこれ一択!」

 

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました