【eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)評価】おすすめ理由!特徴と詳細

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)特徴と詳細




みなさんどーも ウホウホ!

ゴリゴリTVブログオスゴリ@gorigoriTV_)です!!

 

  • 「投資したいけどよくわからない、、、」
  • 「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、なぜおすすめなの?」
  • 「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)ってどんな投資信託なの?」

そんな悩みを、解決します
 

「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」が、おすすめの投資信託と言われても、何に投資しているか、投資信託の中身がわからない

わからない物に、大事なお金を使って投資するのは、やはり怖く、リスクがあります
 

そんなあなたに、オスゴリも毎月積み立てている、おすすめの投資信託の1つの、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」の特徴と詳細を紹介していきます
 

また、「投資信託って何?」と思った方は「【投資信託とは】おすすめ投資【投資信託って何?】」で解説しているので、参考にしてみてください

 

記事の内容

  • eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)とは
  • 購入が簡単で、小額投資が可能
  • 信託報酬(運用コスト)が低く、売買手数料が無料
  • eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)はインデックスファンドである
  • eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)のお金の動き
  • eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)の投資先
  • eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)まとめ

 




 

 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)とは

eMAXS Slim 全世界株式(日本除く)とは

設定日2018年3月19日
決算日4月25日
信託報酬0.1144%
売買手数料無料
運用会社三菱UFJ国際投信

 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、2018年3月19日に設定された投資信託で、とても人気の投資信託の1つです
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、その名の通り日本以外の、全世界に投資できる投資信託です
 

「三菱UFJ国際投信」が運営しており、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」を、投資対象としています

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、日本を除く先進国及び、新興国の株式等に投資しています
 

購入が簡単で、小額投資が可能

購入が簡単で、小額投資が可能

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、購入が簡単で、少額投資が可能です

なので、投資初心者にとって、投資を始めるハードルが非常に低いです
 

以下で、解説していきます
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)は購入が簡単

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、円で気軽に購入ができます

「そんなの当たり前じゃないの?」と、疑問に思った方もいると思います
 

例えば、米国株式に上場している、ETFを購入しようとすると、投資信託と違って、ドルで購入しなければいけません

円をドルに、両替する手間が発生します
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、円での購入ができ、投資初心者でも簡単に、日本以外の世界に分散投資が可能です
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)は少額投資が可能

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、100円からの少額投資が可能です
 

上記の様に、米国株式を購入しようとすると、最低1株の価格と、株を購入する時の、手数料が必要になってきます
 

また、為替の変動もあり、円安が進むと、1株の価格も高くなってしまいます

なので、最低投資金額が多くかかってしまったり、初心者には少し難しくなっています
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、小額(100円)から、日本を除く世界に分散投資ができます
 

信託報酬(運用コスト)が低く、売買手数料が無料

信託報酬が低く、売買手数料が無料

投資信託で、気になるのは、やはり信託報酬(運用コスト)です
 

以下では、信託報酬(運用コスト)や、なぜ信託報酬(運用コスト)が重要なのか、投資信託の売買手数料について、解説していきます
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)の信託報酬(運用コスト)

投資信託の、信託報酬(運用コスト)は、非常に重要なチェックポイントです

信託報酬(運用コスト)が高いと、多くの大事な投資資金(お金)を、失う事になります
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、信託報酬(運用コスト)は、0.1144%と非常に低く設定されており、業界最安クラスとなっています
 

ぼったくり信託報酬(運用コスト)に注意

投資信託の中には、「え!?」と驚くような、信託報酬(運用コスト)の投資信託があります
 

投資信託の長期運用や、投資資金が大きくなると、信託報酬(運用コスト)の差で、大きな差がうまれます

それだけ、信託報酬(運用コスト)は、重要になってきます
 

投資信託を購入する時は、絶対に信託報酬(運用コスト)が、何%か確認してください
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)は売買手数料が無料

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、投資信託を購入したり、売却したりする時の、売買手数料が無料です
 

この、売買手数料が無料の事を、「ノーロード」といいます

また、投資信託の購入は、銀行や保険からの購入は、手数料が高いことが多いので、証券会社からがおすすめです
 

投資信託の購入には、私も使用している、「楽天証券」がおすすめです

以下では、「楽天証券」について解説しているので、参考にしてみてください
 

>>「【楽天証券】メリットとデメリットを紹介」

 




 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)はインデックスファンドである

インデックスファンドである

投資信託には、大きく分けて、以下の2種類があります

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、「インデックスファンド」です
 

結論から言うと、「アクティブファンド」より、「インデックスファンド」のほうがおすすめです
 

以下で、なぜ「インデックスファンド」のほうが、おすすめなのか解説していきます
 

アクティブファンドとは

「アクティブファンド」とは、市場平均を上回る運用リターンを上げることを目的として、株式などを売買している、投資信託です

なので、株式などの売買回数が多くなり、信託報酬(運用コスト)が、高く設定されている事が多いです
 

インデックスファンドとは

「インデックスファンド」とは、市場平均との連動を目的に、運用されている、投資信託です

なので、株式などの売買が少なくなり、信託報酬(運用コスト)は、低く設定されている事が多いです
 

インデックスファンドがおすすめな理由

上記の説明から、「市場平均に連動する、「インデックスファンド」より、市場平均を上回る目的の、「アクティブファンド」のほうがいいのでは?」と思う方もいらっしゃると思います
 

ですが、いくら投資のプロが運用しているといっても、市場平均に勝ち続ける事は、非常に困難で難しいのが現実です
 

確かに、短期運用では、勝てているところもあります

ですが、過去の長期運用の成績を見た時、90%の「アクティブファンド」が、市場平均に負けてしまっています
 

なので、長期運用には、信託報酬(運用コスト)が低く、市場平均に連動した、「インデックスファンド」がおすすめです
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)のお金の動き

eMAXS Slim 全世界株式(日本除く)のお金の動き

  • 購入した時のお金の動き
  • 分配金を再投資

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を購入した時、お金はどこに行くの、と思う方も多くいます
 

以下では、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を、購入した時の、お金の動きや、分配金について、解説していきます
 

購入した時のお金の動き

購入した時のお金の動き

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を、購入した時の、お金の動きは上図になります

  1. 個人投資家が「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を購入
  2. 「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」が、それぞれのマザーファンドの、「外国株式インデックス」と「新興国株式インデックス」に投資する
  3. マザーファンドが、それぞれの株式投資に投資する
  4. 投資損益が、個人投資家に戻ってくる

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、お金の動きは、この流れになります
 

分配金は再投資してくれる

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、分配金を再投資してくれます
 

「分配金がないのは残念、、、」と、思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません

分配金がないほうが、効率よく資産を増やしていけます
 

なぜかというと、分配金があると税金(20.315%)がかかってしまうからです

分配金が再投資されると、分配金にかかる、税金(20.315%)を支払わずに、運用に回すことができます
 

なので、分配金があるより、再投資されるほうが、効率よく資産運用が可能です
 




 

eMAXS Slim 全世界株式(日本除く)の投資先

eMAXS Slim 全世界株式(日本除く)の投資先

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、上記でも説明しましたが、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」に連動しています
 

ですが、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」に、連動しているといっても、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、世界のどこに投資しているかわかりません
 

以下で、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、投資先を詳しく解説しています
 

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」は、日本を除く先進国に約22ヵ国、新興国に約23ヵ国の、合計55ヵ国で構成されています
 

大型株、小型株合わせて、約2700銘柄に分散投資されており、世界の株式市場の85%をカバーしています
 

投資先の国

では、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、どこの国に投資しているのか、比率を見ていきたいと思います
 

比率は以下のとおりです
 

先進国87.5%
新興国12.5%

 

上の表をみると、ほとんどが先進国に投資している事がわかります

では次に、どこの国に、どれだけ投資しているのか、詳しく見ていきたいと思います
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の投資先、先進国の上位5ヵ国は以下のとおりです

1アメリカ57.5%
2イギリス5.0%
3フランス3.4%
4 カナダ3.0%
5スイス2.8%

 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の投資先、新興国の上位5ヵ国は以下のとおりです

1ケイマン諸島2.3%
2中国1.6%
3韓国1.5%
4台湾1.5%
5インド1.1%

 

先進国の表を見ると、高い比率で、アメリカに投資している事がわかります
 

全世界に分散投資するといっても、50%以上がアメリカに投資しており、それだけアメリカの影響を受ける、という事は頭に入れておいてください
 

投資先銘柄

次に、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、どんな企業に投資しているか、見ていきたいと思います
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の投資先、先進国の上位5銘柄は以下のとおりです

1アップル2.6%
2マイクロソフト 2.3%
3アマゾン1.6%
4フェイスブック1.0%
5JPモルガン0.9%

 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の投資先、新興国の上位5銘柄は以下のとおりです

1アリババグループ0.7%
2Tencent holdings 0.6%
3台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング0.6%
4サムスン電子株式会社0.5%
5チャイナ・コンストラクション・バンク0.2%

 

先進国の、上位5銘柄は、ほとんどの方が知っている銘柄です
 

多くの方が使用されている、「iPhone」の「アップル」や、「Windows」で有名な「マイクロソフト」、などに投資しています
 

新興国の方では、「アリババ」という、中国の大企業に投資しています

「アリババ」は、「ソフトバンク」で有名な、「孫正義」が投資している事でも有名です
 

投資先業種(セクター)

次に、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、投資先業種(セクター)の比率を、見ていきたいと思います
 

以下が、業種(セクター)別の投資比率です

1銀行8.7%
2ソフトウェア・サービス8.3%
3医療品・バイオテクノ・ライフ7.1%
4資本財 6.3%
5メディア・娯楽6.0%
6エネルギー5.3%
7小売5.1%
8テクノロジー・ハードウェア・機器4.9%
9素材4.5%
10食料・飲料・タバコ4.5%

 

上の表が、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、業種(セクター)別の投資比率となります
 

ここまで、「国」「銘柄」「業種(セクター)」と、色々な比率をみてきました

ですが、時代によって、比率は変わるので、気にしすぎる必要はありません
 

「分散投資」が大事ですので、参考程度に知っておいてください
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を購入すると、上記で見てきた、世界の日本を除く、国や銘柄に「分散投資」ができるという事です
 

ですが、何度も言いますが、50%以上はアメリカに投資しており、アメリカの影響を受ける、と言いう事は頭に入れておいてください
 

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)まとめ

eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)まとめ

ここまで、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」の、詳細を解説してきました
 

「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」を、まとめると以下の通りです

  • 少額(100円)から投資できる
  • 信託報酬が低く(0.1144%)、売買手数料が無料
  • インデックスファンドである
  • 分配金は再投資してくれる
  • 日本を除く世界に分散投資できる

上記をふまえて、「eMAXS Slim 全世界株式(除く日本)」は、おすすめの投資信託といえます
 

投資信託の長期投資は、感情に振り回されず、コツコツ積み立てていく事がおすすめです

上記でも説明しましたが、プロでも未来の予想は難しいです

暴騰や暴落は予想せずに暴落が来ても、コツコツ積み立てていきましょう
 

暴落が来た時に、売ってしまうと、盛り返した時に、せっかくの利益が取れなくなってしまいます

必ず盛り返すかは、誰にもわかりませんが、世界の歴史を見ると、暴落が起きても、経済は成長を続け、高値を更新し続けています
 

そして、今後も世界の経済は、成長を続けていくと考えられます
 

なので、感情に振り回されず、コツコツと積み立てていく事が、長期投資にとって大事なことです
 

以下で、投資信託の積立におすすめな証券会社を紹介しているので、ご活用ください
 

>>「投資信託の積立(つみたてNISA)におすすめな証券会社ランキング」

 

また、日本には、「NISA」や「積立NISA」などの、非課税での投資も可能なので、そういった制度を使っての投資がおすすめです
 

以下では、「NISA」と「つみたてNISA」について解説しているので参考にしてみてください
 

>>「【NISA・つみたてNISAとは】メリットとデメリット紹介」

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました