【固定費削減】簡単にできる給料アップと同じ効果【見直しかた徹底解説】

固定費削減




みなさんどーも ウホウホ!

ゴリゴリTVブログオスゴリ@gorigoriTV_)です!!

 

給料をアップさせようと思うと、皆さんは何を考えますか?

  • 転職しよう!
  • キャリアアップしよう!
  • 残業を頑張ろう!
  • 出世しよう!

などが、頭に浮かんでくると思います
 

確かに、上記のことでも給料はあがります

ですが、上記の事をしようとしたら、非常に時間や手間がかかってしまいませんか?
 

もっと簡単に給料アップと同じ効果の出る方法があります!

それは「固定費」を見直すという事です
 

以下では、固定費削減の仕方について、私の体験談とともに、解説していきます
 

ですが、人それぞれ考え方は違うので、記事で書いてある全てをするのではなく、しっかり自分で考え、いらないと思った固定費だけ削減してください

 

記事の内容

  • 固定費を見直そう
  • 家の固定費削減
  • 保険の固定費削減
  • 車の固定費削減
  • 携帯の固定費削減
  • 固定費削減まとめ

 




 

 

固定費を見直そう

固定費を見直そう

みなさんは本気で固定費を見直したことがありますか?
 

私は、上記にあげた、目先の給料アップだけを見ており、固定費はまったく見ていませんでした

ですが見直すと驚きの結果がでたので、皆さんも是非、見直してみてください!
 

固定費を見直す効果

固定費とは、簡単に言えば支出です

支出を減らすと、当たり前ですが、手元に残るお金(余剰資金)が増えます
 

手元に残るお金が増えるという事は、給料アップと同じ効果を得られます
 

例えば、手取りが20万円で、固定費が15万円だと、残りのお金は5万円です
 

Aさんは、残業を頑張り、手取りが23万円になったとし、上記の固定費15万円を引くと、残りは8万円です

Bさんは、手取りが20万ですが、固定費を見直し、固定費が12万円になったとしたら、残りのお金は8万円です
 

上記の2人はそれぞれ違う方法ですが、残りの自由に使えるお金は一緒の8万円です

なので固定費を見直すという事は、給料アップと同じ効果を、簡単に得られるという事です
 

無理はしない

固定費を見直すといっても、無理をして見直すのは良くありません
 

食べる量を減らして、食費を削減したり、暖房器具や冷房を我慢して、付けないなどは身心ともに良くありません

無理をせずに、無駄をなくす、というイメージで固定費を削減しましょう
 

それでは、固定費の削減について、見直す箇所を解説していきます
 

家の固定費削減

家の固定費削減

家には、賃貸か持ち家の方がいます
 

以下では、賃貸の方や、マイホームの購入を考えている方に、固定費の見直し方も含め、解説していきます
 

マイホームは必要か

まず、マイホームは本当に必要なのか考えてほしいです

マイホームの購入には、大きな負債を抱えることになるので、しっかり考えてください
 

また、新築は購入した時に、価格が大幅に下がってしまいます

どうしても新築が良いという方は仕方ありませんが、中古の家を購入してリフォームするという手もあります
 

また、壁紙などは自分でも変えれますし、それだけでも家は、見違えるほど奇麗になります

できるだけ、売る時に買った時の価格との差が、うまれすぎないように購入する事を心がけましょう
 

家賃は高くないか

そもそも、住んでいる家が、割高ではないか確認しましょう
 

長く住んでいると家賃を周りより多く払っている可能性があります

やはり、後から入ってくる人の方が、建物が古くなったりしている分、安く借りている可能性が高いです
 

なので、1年に1度ほど、住んでいる家の家賃相場を確認し、割高であったら交渉してみましょう

賃貸アプリなどを使えば、簡単に調べられます
 

もちろん、断られる可能性もあり、強気の大家さんもいます

しつこくして、退去の可能性もゼロではないので、注意しましょう

大家さんと、もめない程度に交渉しましょう
 

火災保険の見直し

賃貸の火災保険だと、不動産会社を通して、火災保険を申し込んでいる場合が多いです
 

不動産会社を通すと、手数料として割増しになっていることが多いです

なので、不動産を通して入っている火災保険はやめて、個人で火災保険に入ると安くできます
 

以下で、無料で火災保険の一括見積ができます
 

 




 

保険の固定費削減

保険の固定費削減

保険には、色々な種類があり、多くの保険に入って、毎月多額の固定費を払っている方も多いです
 

以下では、あなたが入っている保険が、本当に必要な保険なのか解説していきます
 

医療保険の見直し

よっぽどの事がないかぎり、医療保険はいらないと思っています
 

「高額療養費制度」という制度があり、月に払うお金の上限は決まっています

また、傷病手当などもあり、日本の制度はかなり整っています
 

なので、保険で支払うお金は、貯蓄しておけば、ほとんどの方が足りると思います
 

掛け捨てで、最小限で、必要な分だけ、入れば十分だと思います
 

私は、毎月の医療保険料は、2,000円しか支払っていません
 

積立保険の見直し

学費保険や、終身保険などの、積立保険はいりません

手数料も高く、利回りも悪いものが多いからです
 

保険で積み立てるなら、証券会社で投資商品の購入が、おすすめです

ちなみに、私は積立保険に一切入っていません
 

以下では、おすすめの証券会社の、「楽天証券」のメリットや、デメリットを解説しています
 

>>「【楽天証券】メリットとデメリットを紹介」

 

車の固定費削減

車の固定費削減

次に、車の固定費を見直していきます

車は持っているだけで、非常にお金がかかります
 

以下では、そんなお金のかかる、車の固定費の見直し方を解説していきます
 

車は必要か

車は、本当に必要でしょうか
 

最近では、カーシェアのサービスも増えてきており、有料駐車場に、借りられる車が置いてあるところもあります

あまり乗らないという方は、車は持たず、カーシェアのサービスを、検討してみるのも良いでしょう
 

また、車はどうしても欲しいという方は、新車は本当に必要でしょうか

乗れたらいいという方は、安い中古車も、検討してみましょう
 

駐車場代の見直し

周りに、今より安い駐車場はありませんか
 

必ず、住んでいる家の駐車場を、借りないといけないわけではありません

周りに、安い駐車場があるなら、乗り換えましょう
 

私は、今より5,000も安い駐車場を見つけ、大家さんに乗り換えます言いました

ですが大家さんが、それなら今借りている駐車場代を、安くすると言ってくれ、5,000円も安くなりました
 

一度、まわりの駐車場に、安い駐車場がないか、確認しましょう
 

自動車保険の見直し

自動車保険も、毎月の支出が、非常に大きいです
 

結論から言うと、車両保険などはいらないと思っています

対人対物無制限などの最小限がおすすめです
 

無料で、自動車保険の、一括見積をして、安い保険に乗り換える事がおすすめです
 

また、車に乗る人の年齢の制限をつけたりすると、安くなったり、月払いではなく、年払いにしたりすると値引きされるので、最大限活用しましょう
 

私は、上記の事をすることによって、自動車保険の支払いが半分になりました
 

以下で、自動車保険の一括見積が、無料でできます
 

 




 

携帯の固定費削減

携帯の固定費削減

携帯代も、非常に大きな支出の1つです

携帯代を、毎月1万円以上払っている方も、多いのではないでしょうか
 

以下で、携帯代の見直し方を、解説していきます
 

キャリア携帯は不要

現在も多くの方が、「docomo」「Softbank」「au」の、3キャリアの携帯を使用しています
 

私の周りにも多く、ほとんどの方が、3キャリアの携帯を使用し、1万円以上の携帯代を、毎月支払っています
 

3キャリアの携帯を、使用しているのは、非常にもったいないです

携帯代は、もっと安く抑えられます
 

格安SIMを使おう

格安SIMは、3キャリアの携帯代より、はるかに携帯代を抑えられます
 

携帯代が、半分以下になった、という方も多くいらっしゃいます
 

また、携帯代をポイントで支払える、格安SIMもあり、うまくポイントを貯めれれば、携帯代をポイントで支払い、実質タダで持っている方もいらっしゃいます
 

3キャリアの携帯をお持ちの方は、格安SIMへの乗り換えましょう
 

おすすめの格安SIMは、以下の3つです

  • Yモバイル
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル

以下で、解説していきます
 

Yモバイル

「Yモバイル」は、「ソフトバンク」の系列です
 

「Yモバイル」は、通信速度が安定しており、10分以内の、国内通話がかけ放題です
 

何より、Yモバイルのショップが多くあるので、何か問題があった時にもっていけます

携帯に、詳しくなくても、安心して持つことができます
 

 

UQモバイル

「UQモバイル」は、「au」の系列です
 

「UQモバイル」も、比較的通信速度が安定しています

「通話パック」と、「かけ放題」がある為、電話をあまり利用しない方には、プランを選べるので、損をしにくくなっています
 

 

楽天モバイル

「楽天モバイル」は、「楽天」の系列です
 

「楽天モバイル」は、プランが豊富で、あなたに合わせてプランを組めます

なにより、大きなメリットとして、楽天ポイントが貯まり、携帯代の支払いに使えます
 

「楽天経済圏」で、うまく楽天ポイントを貯めると、毎月の携帯代を、楽天ポイントだけで、支払う事もできます
 

 

固定費削減まとめ

固定費削減まとめ

ここまで、固定費の削減箇所を確認してきました
 

まとめると、以下のとおりです

  • 家の固定費削減
  • 保険の固定費削減
  • 車の固定費削減
  • 携帯の固定費削減

あなたの固定費を、削減できる箇所はあったでしょうか

もし、固定費を削減できる箇所があって、力になれたのであれば嬉しいです
 

固定費を削減するか、しないか、どこの固定費を削減するかは、あなたの自由です
 

人それぞれの、ライフスタイルも様々です

なので、上記で紹介したすべてが、あなたにあっていて、全ての固定費削減をしたほうがいいとは言いません
 

あなた自身の、ライフスタイルに合った、いらない固定費だけ削減しましょう
 

少しでも、あなたの固定費削減の、参考になったら嬉しいです
 

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました